ホルモンバランスを整えて子宮筋腫を改善する方法 続木和子 口コミ

ホルモンバランスを整えて子宮筋腫を改善する方法 続木和子 口コミ
生理痛や子宮筋腫など“女性ホルモンの乱れ”が原因で、不調を感じている女性は多いのですが「辛いけれど、どうしたらいいか分からない・・・」と誰にも相談できずに悩んでいるケースが多いようです。

ホルモンバランスを整える上で一般的に知られている方法は、病院で処方された薬(ピル)を飲むことやホルモン注射、手術などが有名。

でも、手術は怖い・・・。
それに、合成ホルモンを使う治療の「副作用」を心配する声も。

できることなら薬に頼らず、手術で切らずに「なるべく自然で、カラダに優しい方法」でホルモンバランスを整えていけたらいいですよね。

そこで今回は、口コミでも話題になっている続木和子さんが提唱する14日間集中「子宮筋腫改善講座」について解説いたします。

短期集中で子宮筋腫などの悩みを改善したい人は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ホルモンバランスを整えて子宮筋腫を改善する方法 続木和子 口コミ

ホルモンバランスとは?


ホルモンバランスとは?
私たちの体内にはいくつかホルモンがありますが、女性の生殖腺に関わるホルモンのことを「女性ホルモン」と呼んでいます。女性ホルモンは2種類あり、それぞれが役割を担っています。そして、分泌量が一定のサイクルで変わっていくのが特徴です。

女性ホルモンのバランスを整えることで、生理の不調の改善、妊娠・出産をスムーズにし、心と体の不調の緩和につながるなどのメリットがあるとされています。

 

 

ホルモンバランスが乱れるといったいどんなリスクがあるの?


ホルモンバランスが乱れるといったいどんなリスクがあるの?
ホルモンバランスの乱れは、女性の体に様々な体調不良を引き起こします。どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

生理不順

生理の悩みで最も多いと言われている生理不順。生理周期が安定している成人女性は毎月規則的に生理がやってきますが、ホルモンバランスが乱れると生理
周期にも乱れが生じます。

生理痛

生理時には7割以上の女性が「何らかの体の痛みを感じている」と言われていますが、生理痛の痛みの度合いは個人差があります。この違いにホルモンバランスが関係しています。寝込んでしまうほどの辛い痛みがある場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性大。

PMS

PMSとは月経前症候群のことで、生理の1週間くらい前から始まるのが一般的。頭痛・下腹部痛・吐き気・イライラなどの様々な不快な症状が出ることを言います。PMSの症状も「ホルモンバランスの乱れで悪化する」と知られており、ひどい場合は精神的・身体的に大きな苦痛を感じてしまうことも。

不妊

「妊娠を希望しているのに赤ちゃんができない」というカップルで、女性側に不妊の原因がある場合は、ホルモンバランスの乱れが影響している可能性が高いようです。

自律神経失調症

頭痛や慢性的な疲労感、めまい、手足の冷え、喉への違和感、吐き気、震えなど自律神経の乱れが原因で起こる様々な症状を指しています。自律神経は女性ホルモンの影響を受けることが分かっています。

更年期障害

更年期になると「卵巣」の機能低下が起こります。その一方で「脳」では今まで通り「女性ホルモンを分泌しよう」と視床下部から指令が出ます。このような「卵巣」と「脳」の意思疎通の不具合が繰り返されることで、急な発汗、めまい、動悸、のぼせなどの症状が出ます。

肌荒れ・吹き出物

女性ホルモンには2種類あり、生理前・生理中などに多く分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は皮脂の分泌量を増やすホルモンなので、それが原因で肌荒れ・吹き出物ができやすくなると言われています。もう1つの「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は、美肌に良いとされるホルモンですが、ホルモンバランスの乱れで分泌量が減少すると、肌荒れ・吹き出物の原因となります。

 

 

ホルモンバランスが乱れる要因は?


ホルモンバランスが乱れる要因は?
女性ホルモンの分泌は「脳」の(視床下部・下垂体)から指令を受けています。その為、脳に負担が掛かるとその指令を適切に出せなくなってしまうので、その結果としてホルモンバランスが乱れてしまいます。

・ストレス

精神的な不安や緊張、環境の変化や気温差などのストレスに「脳」はとても敏感に反応します。

・不規則な生活

シフト制の仕事などで不規則な生活を送っていたり、食事の時間や就寝時間がまちまちだったりとリズムが一定でないことも、脳の混乱を招く原因に。

・睡眠不足

睡眠時に分泌されるホルモン「メラトニン」は、体内時計の調整機能を持っています。慢性的な睡眠不足は“体内時計の乱れ”を招き、ホルモンバランスを乱れさせます。

 

 

ホルモンバランスを改善するために


ホルモンバランスを改善するために
ホルモンバランスと自律神経は連動しているものなので、まずは自律神経を整える必要があることを意識しましょう。

・食生活の乱れを見直す

自律神経と「腸」は密接な関係があるそうです。だから、日々の食事を見直すのが効果的。栄養バランスを考えて、肉・魚・野菜・果物などバランス良く摂るよう心がけてみてください。

・運動不足を解消する

心と体は連動しているもの。自律神経の乱れには、長く続けられる軽めの運動が効果的。ウォーキングやストレッチなどでも「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがスムーズになるので、運動不足の解消に努めましょう。

・ストレス解消

ストレスがかかると、交感神経と副交感神経のスイッチが上手く切り替わらなくなります。ストレスを早い段階で取り除くことが大事で、自分なりのストレスへの対処法を複数持っておくことをおすすめします。誰かに相談する、趣味に没頭する、自然のあるところに出かけるなども◎

 

14日間集中!子宮筋腫改善講座を実践した人の体験談


14日間集中!子宮筋腫改善講座を実践した人の体験談

・子宮筋腫が起こす洪水のような経血(生理の出血)が改善された

Sさんは、普段は5日程で終わる生理がなかなか終わらないことに違和感を覚えていました。

その後、生理12日目の時に大量出血をしたことをきっかけに産婦人科を受診。子宮筋腫が見つかりました。

出産の経験がまだなかったので以前から気になっていた子宮筋腫改善講座を受講することに。

食事の改善をしたところ、お通じや肌の調子、生理痛なども軽くなり「効果が目に見えたこと」がモチベーションアップにつながりました。

・生理痛の改善につながった

1年半前、生理痛が突然激しくなったことをきっかけに購入したKさん。生理前・生理中の排便や排尿の際に脂汗が出るほどの痛みを感じ、病院を受診しました。

「子宮筋腫がソフトボール大になっている。支障があるなら取った方がいい」と言われ、病院で手術も覚悟しなければと思っていた時に、 続木先生の子宮筋腫の改善講座に出会いました。

最初は半信半疑でしたが、翌月には痛みを感じなくなり、1年半ほとんど痛みを感じないまでに。その後に受けた検診では「筋腫は取るほどではない」と言われたそうです。

その他にも、以下のような声がありました。

・体への副作用や悪影響を与える薬剤、合成ホルモン剤を使わないようになった

病院で子宮筋腫の治療を受けていましたが、体への副作用や悪影響を与える薬剤、合成ホルモン剤などのリスクを心配してました。こういった薬剤に頼らない「ホリスティック栄養学」という理論は、目から鱗でした。

・高額な治療費を支払わずに済んだ

子宮筋腫を改善するための秘訣が盛り込まれていて、安心して試すことができました。忙しい日々の中でも実践できる点が良かったです。高額な治療費を支払わずに済みました。

・「便秘」や「尿漏れ」の改善など二次効果も

子宮筋腫だけでなく、便秘の改善や尿漏れなどの二次効果がありました。体重も落ちて、友達からも肌を褒められるようになりました。

・心身ともに健康になって若返った

ホルモンバランスが整ってきているのを実感しています。心身ともに健康になり、若返った気分です。もっと早く知ることができたら良かったです。

 

今日のまとめ

ホルモンバランスを整えて子宮筋腫を改善する方法 続木和子 口コミ

14日間で簡単に!そして無理なく、つらい生理が改善する方法
「子宮筋腫改善講座」は、 ホリスティック栄養学という理論に基づいたプログラムで、薬や手術に抵抗がある人でも自然な方法で“ホルモンバランス”を整える術を知ることができます。

女性ホルモンは自律神経とも連動しているので、生理痛や子宮筋腫で悩んでいる人以外にもPMSの症状に悩んでいる人や、心身の不調をどうにかしたいという人にもピッタリです。

人間が本来持っている自然治癒力を高めて、健康で幸せな生活を手に入れてください。

口コミと体験談を見てみる

1. ホルモンバランスとは?
2. ホルモンバランスが乱れるといったいどんなリスクがあるの?
3. ホルモンバランスが乱れる要因は?
4. ホルモンバランスを改善するために
5. 14日間集中!子宮筋腫改善講座を実践した人の体験談

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。