下半身太りは解消できる!?メリハリのある美脚を手に入れる方法5つ

下半身太りは解消できる!?メリハリのある美脚を手に入れる方法5つ
クリスマスはいかがでしたか。今年も残りわずかですが、脚を出すことも少なくなったこの季節、脚を見せる機会がないからと油断してのんびりしちゃってていいのでしょうか?

むくみや運動不足で知らず知らずのうちに脚がパンパン・・・これでは新年を安心して迎えられません。

そこで、年末年始から取り組める誰にでもできる脚を細くする方法をこっそり教えちゃいます。

体重はそんなに増えていないのに下半身だけがナゼ太い!?下半身太りを解消して美脚を手に入れるために 1.美脚のための骨盤ケア 2.寒い季節に心強いエアなわとび 3.美脚のためのエクササイズ 4.むくみ撃退の食生活 5.美脚のためのバスタイムを順にご紹介しますね。


下半身太りは解消できる!?メリハリのある美脚を手に入れる方法5つ

 

美脚のための骨盤ケア


骨盤のゆがみが筋肉やカラダのゆがみを招き、下半身太りの原因の一つになっていると言われていますよね。
そうはいっても仕事で無理な姿勢を取らざるをえなかったり、長時間椅子に座ったままでいたりして、丸一日働くと思っている以上に下半身に負担が集中します。
こうして起こる日々の小さな骨盤のゆがみはその日のうちにこまめに修正して、下半身太りの芽を摘んでおきましょう。
簡単にできて忘れにくい骨盤ケアに「お尻歩き」と「骨盤ひねり」をご紹介します。

・お尻歩き

床に両足をそろえて伸ばして座り、背筋を伸ばして両腕を前に床と水平にまっすぐ伸ばします。
床と接するお尻の部分を使って左右交互に少しずつ前進します。5回を5セット目安に行ってみてください。

・骨盤ひねり

床にあおむけに横になり軽くひざを立てます。腕は体に添わせるように床につけておきます。
息を吐きながらゆっくりとひざを倒していき、膝が床につくまで倒します。この時顔は天井の方を向くようにして腰が最大限に回るように意識してみてください。
反対側も同じように行い、左右1回で1セットを10セット行います。
もしひざが床につかなかったり、腰を回すのに痛みを感じるようであれば無理をせず、できる範囲で徐々に動かしていってみてください。入浴後の体が柔らかい状態で行うのがいいですね。

 

寒い季節に心強いエアなわとび


なわとびにはランニングと同じような運動効果があって、30分で200㎉くらいを消費できる運動です。ボクシングでも減量とフットワーク強化のためのトレーニング方法としてなわとびは有名ですよね。

なになに、「なわとびは外でないとできないんじゃないの?」「外は寒いし・・・」「家に帰ってくる頃には夜遅くて外は暗いし・・・」なるほど、確かに!

でも、安心してください!「エアなわとび」というイイ方法があるんです!
手持ちのなわとびを使って作る場合には、市販のなわとびの縄をグリップ部分から20~30cmの長さに身長に合わせてカットし、先端に100g程度の重りをつけたものを両手に持ってなわとびを跳ぶ時のように回して跳びます。

最近はこの室内でできる「エアなわとび」にデジタルカウンターがついてなわとび回数をカウントしたり、消費カロリーを表示してくれる機能の付いた商品も販売されているようです。

ちょっとしたスキマ時間に取り組めて、脚全体に働きかけて美脚のためのダイエット効果の高い「エアなわとび」、ウォーキングや踏み台昇降以外に何かイイ運動ないかな?
と思っているアナタにおススメです。

 

美脚のためのエクササイズ


下半身太りを解消して美脚を手に入れるエクササイズは数多くありますが、今回は内ももの筋肉を引き締めて脚をそろえた時に内ももに隙間のできる美脚を目指すエクササイズをご紹介します。

① 床にうつぶせになり両足をそろえます。
② 両膝を曲げて足首を手でつかみ、太ももを浮かせず床につけた状態を作ります。
③ ②の状態からゆっくりと息を吐きながらできる限り首を伸ばして上体をそらしていきます。

これを3~5回繰り返します。

 

 

むくみ撃退の食生活


美脚のためのダイエットにはむくみが大敵。せっかくエクササイズで鍛えてもむくみが足を引っ張っては努力が台無しに。
そこで塩分や添加物の多い食品を避けてむくみを防ぐのはもちろん、カリウムやビタミン豊富な野菜・果物、水分代謝をよくしてくれる海藻を毎日たっぷり摂りましょう。

ダイエット中に特におすすめの食品が「ショウガ」です。
ショウガは基礎代謝を上げて消費カロリーを上げてくれるのでダイエット効果が期待できるのです!
体温を1℃上げると消費カロリーが200~500calアップするので、ショウガ+運動のWパワーで下半身太りに立ち向かいましょう!

ショウガは加熱した方が効果が高まるので、暖かい飲み物や加熱した食品で取り入れます。
ショウガの効果は食べてから約3時間持続します。
1日20gが摂取量の目安です(チューブのショウガで約10cmほど)。

でも、ショウガは腸を刺激するので摂りすぎると体調を崩してしまうので摂りすぎ注意。
ショウガもうまく取り入れて美脚に役立ててみてくださいネ。

 

美脚のためのバスタイム


バスタイムは美脚のためのゴールデンタイムです。

美脚のためにいくら筋肉を鍛えても、疲労物質が溜まって硬くなったままの筋肉では下半身太りは解消しません。
柔らかく血液やリンパの流れの良い脚を作ってこそ、本当の美脚が手に入ります。

そのために脚全体を温め、血液やリンパ液の流れをよくして硬くなった筋肉がほぐせるバスタイムは美脚のために無くてはならないものです。

運動やエクササイズ後のアフターケアとしても大切なバスタイムには、シャワーの水圧を使って足首から脚の付け根まで下から上に引き上げるようなマッサージやらせんを描くようなマッサージを行ってみましょう。

また足の裏の土踏まず少し上にある湧泉(ゆうせん)という全身のむくみに効くツボや、委中(いちゅう)というひざ裏の真ん中にあるふくらはぎの老廃物を取り除くツボを押してみるのもいいですよ。

 

今日のまとめ

下半身太りは解消できる!?メリハリのある美脚を手に入れる方法5つ

今回は脚を出さない今だからこそ取り組みたい、春に向けての美脚づくりの方法をご紹介してみましたが、いかがでしたか?

冬でも思わぬ時に脚をさらす機会ってあるんですよね・・・。痩せにくくて太りやすい下半身だからこそ、今のうちに美脚づくりに励んでおきたいものです。
「春には見違えたワタシを見て!」の気持ちで取り組みましょう。

・ 美脚のための骨盤ケア
・ 寒い季節に心強いエアなわとび
・ 美脚のためのエクササイズ
・ むくみ撃退の食生活
・ 美脚のためのバスタイム