たるんでる?お腹周りの脂肪を効果的に燃焼させる7つの方法

たるんでる?お腹周りの脂肪を効果的に燃焼させる7つの方法
横っ腹をつかんでみてください。あれ?お腹周りに脂肪?私のお腹ってこんなにたるんでいた?と、びっくりした貴女!本気でお腹ダイエットで痩せたいと思ったのなら、真剣に取り組んでみてくださいね。

お腹周りの脂肪を燃やす成功への鍵は、8割が食生活の改善にかかっています。残り2割は効果的な運動が大切です。つまり、食生活を見直して効果的な運動を組み合わせれば、誰でもお腹周りの脂肪をスッキリさせることが可能なのです。

そこで今回はお腹周りの脂肪をとる、その具体的な方法についてお伝えします。一日や二日で劇的な効果が出るものではないので、なるべく無理なく続けられるようなものを集めてみました。

たるんでる?お腹周りの脂肪を効果的に燃焼させる7つの方法

 

自分のお腹周りに脂肪がついた原因を知る


自分のお腹周りに脂肪がついた原因を知る
食べ過ぎ、運動不足、脂肪分や糖分の摂り過ぎ、アルコールの摂り過ぎ、夜中の食事、猫背、腹筋力の低下、代謝の低下、冷え症などなど…人によって、お腹周りに脂肪がついてしまう原因は様々です。

そして、ダイエットの基本は消費カロリー>摂取カロリーのバランスを保つことです。原因を知ることで、まず自分は消費カロリーを増やすことに重点を置くべきなのか、摂取カロリーを減らすことに集中すべきなのかが分かります。

自分の生活を客観的に見直して原因を知ることで、ダイエットは一気に効率的になりますよ。

 

お腹周りに脂肪がついたのは血糖値が急に上げたからなの?


お腹周りに脂肪がついたのは血糖値が急に上げたからなの?
血糖値とは、血液中の血糖(ブドウ糖)の濃度のことです。この血糖値は食事をすると必ず上がるものです。しかし、この血糖値を急上昇させてしまうとインシュリンが過剰分泌され、お腹周りに脂肪を溜め込みやすくなります。どんなに運動を頑張ってもお腹周りの脂肪を消費できないなんて悪循環ですよね。悪夢ですぅ。

では、血糖値の急上昇を避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

食品を選ぶときに、血糖値を上げにくい食べ物を選べるようになればベストです。血糖値を上げにくい食べ物はGI値(グリセミック指数)を参考にします。GI値が低い食材ほどゆっくりと吸収されるので血糖値が上がりにくく、満腹感を感じやすいです。GI値は、精製されていないものに低い値が出ます。

食物繊維やミネラルが残っているので、体にも良い食品といえます。例えば、日本人の食卓に欠かせないお米を玄米に変えたり、朝食のパンを普通の食パンではなく全粒粉パンに変えたり…という工夫が考えられます。

GI値の知識を学び、自分の食品選びに是非取り入れてくださいね。

極端に食事量を減らしたり、低GI値のものしか食べないと決めるのは心身共に負担を感じやすいです。普段の食事に低GI値の食品をバランスよく組み合わせて、満腹感を得ることが大切です。

 

お腹周りの脂肪を消費したいのなら禁酒が一番!?


お腹周りの脂肪を消費したいのなら禁酒が一番!?

お酒、好きですか?禁酒なんて絶対に無理?そう感じているお酒好きの人ほど、禁酒ダイエットをオススメします。なぜなら、お腹周りの脂肪を燃焼させるのに最も手っ取り早い方法だからです。

お酒は高カロリーな飲み物であるだけでなく、食欲を増進させる働きや脂肪の代謝を鈍らせる働き、内臓脂肪を増やす働きがあるのです。全てダイエットには最悪な働きですね。

毎晩のようにお酒を飲んでいる人は、日々この働きが体内で行われているわけですから、お酒をやめるだけで大きなダイエット効果が期待できます。しかし社会人にとって、飲み会で上司や先輩から勧められたお酒を断るのは至難の業。

強い意志を持って「禁酒中なので…」と言える人は良いのですが、普通はなかなか言えないものですよね。そんな場合は、飲酒を飲み会の日だけのご褒美にして楽しんでしまいましょう。

そうすれば、上司や先輩も今まで以上に嬉しそうにお酒を飲むあなたに好印象を抱いてくれるかも!ただし、可愛がられ過ぎて飲み会の回数が増えないよう注意が必要かもしれません。

 

カフェイン、カプサイシンを味方に


カフェイン、カプサイシンを味方に
カフェインやカプサイシンにはお腹周りの脂肪を燃焼させる働きがあります。

カフェインを多く含む食品は、コーヒー、紅茶、緑茶などです。これらを飲むことで、脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれます。

さらに効果を上げるには、運動を行う30分前にカフェインを摂取することが有効です。徒歩通勤や自転車通勤の方は、家を出る30分前にコーヒーを飲むなどの工夫も日常生活に取り入れやすいですよね。

また、カプサイシンは唐辛子に含まれる成分です。摂取することによって代謝が高まり、脂肪を燃焼させてくれます。こういった食品を、運動と並行して生活に取り入れると脂肪燃焼効果が一気にアップしますよ!

 

 

脂肪を燃焼させるためにも睡眠をしっかりとる


脂肪を燃焼させるためにも睡眠をしっかりとる
私たちの身体には、バイオリズムという一定周期のリズムがあると科学的に証明されています。バイオリズムには「身体のリズム」「感情のリズム」「知性のリズム」の3つがあり、このリズムが心身のバランスを整えていると言われています。

しかし、寝不足になるとこのバイオリズムが狂ってしまい、グレリンという食欲旺盛ホルモンが分泌されてしまいます。

さらに、脂肪を溜め込みやすくするホルモンまで分泌されてしまうといいますから大変。睡眠時間は大切にしたいですね。統計的に理想睡眠時間は約7時間と言われています。

美肌のためにも睡眠は大切です!今日から夜更かしはやめましょう。

 

効果的な有酸素運動を


効果的な有酸素運動を
そして脂肪を燃焼させるには運動も不可欠です。特にジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリング、ダンスなどといった有酸素運動が必須です。自分に合うものを見つけ、無理なくできる範囲で取り組みましょう。せっかくの運動ですから、

・時間は30分間~40分

・頻度は週3回~4回

・運動しながら無理なく会話をしたり、歌を口ずさめる程度の心拍数を保つ

という3点を心がけると効果が大幅に上がります。

ダイエット仲間を作って、仕事帰りにおしゃべりをしながら一駅分歩くようにすれば、この3点をクリアできます!お腹周りの脂肪を燃焼させたいのはあなただけではありません。一緒に頑張ってくれる相手を見つけましょう。

 

フラフープで腹部集中エクササイズ


フラフープで腹部集中エクササイズ
お腹周りの脂肪を燃焼させて、ウエストをスッキリさせるために、有酸素運動とともに取り入れたいのが、腹部集中のエクササイズです。

できれば自宅でできるものが良いですよね。そこでオススメなのが、フラフープ。子どもの遊び道具ですが、実は10分間で100kcalも消費できると言われています。10分続けて行うのは結構きついので、まずは小刻みに取り組んでみてください。フラフープなら部屋に置いても場所をとらないし、騒音にもならないので一人暮らしの人にも良いですよね。


シェイプアップ エクササイズ フィットネス トレーニング

テレビを見ながら、音楽を聴きながら…の、ながら運動でも効果抜群ですよ!

 

今日のまとめ

たるんでる?お腹周りの脂肪を効果的に燃焼させる7つの方法

いかがでしたかキュッと引き締まったウエストラインを作るためにもこの7つの方法を早速実践していきましょう!習慣化してしまえばこっちのものです。

・ 自分のお腹周りに脂肪がついた原因を知る
・ お腹周りに脂肪がついたのは血糖値が急に上げたからなの?
・ お腹周りの脂肪を消費したいのなら禁酒が一番!?
・ カフェイン、カプサイシンを味方に
・ 脂肪を燃焼させるためにも睡眠をしっかりとる
・ 効果的な有酸素運動を
・ フラフープで腹部集中エクササイズ