くびれのある身体で彼氏を喜ばせたい!夏までに10kg痩せられる?

くびれのある身体で彼氏を喜ばせたい!夏までに10kg痩せられる?
本格的な夏が来るまでに「痩せてもっとキレイになろう!」と決意する女性は多いはず。でも、なかなかダイエットがうまくいかない…、体重は減ってもきれいなくびれができない…なんて経験はありませんか?

もしかしたら間違ったダイエットをしているのかもしれませんよ。

今回は、キレイなウエストラインを作り、夏休みまでに美しく痩せられる簡単な方法をご紹介します!


くびれのある身体で彼氏を喜ばせたい!夏までに10kg痩せられる?

 

まずはくびれの仕組みを知ろう


くびれを作っているのは言わずと知れた「腹筋」です。ですがこの腹筋、一つじゃないんです。

まずは腹直筋、お腹の表面にあり、体を起こす時や背中を丸める動作の時に働きます。仰向けで寝た状態から上半身を起こす一般的な腹筋運動では、この腹直筋が鍛えられます。

次に外腹斜筋、肋骨の外側からおへその下の方に向かって斜めに走る筋肉で、身体をひねったり横に倒す時に使います。その内側に内腹斜筋があり、これは外腹斜筋同様に身体をひねる、横に倒す時に使います。

この2つをまとめて腹斜筋と呼ぶこともあります。

さらに、それらの奥の深層部にあるのが、インナーマッスルの一つである腹横筋です。この腹横筋は、お腹の周りを帯をまいたように横に走っています。

ウエストにくびれを作るために最も重要なのは腹横筋です。
腹横筋で帯を締めるようにくびれを作り、腹斜筋で脇腹を引き締めてるというイメージです。

腹直筋はくびれにはあまり関与していないので、仰向けの姿勢から上体を起こす腹筋運動は、実はくびれを作る効果はないのです。

 

お腹まわりを引き締めてくれる腹横筋を鍛えよう


腹横筋を鍛えるにはどうすればいいのでしょう。実はとっても簡単な方法があるんです。

30秒間お腹をへこませるだけです。簡単でしょう?これなら、ちょっとした隙間の時間にも手軽に出来て、続けられそうですよね。

ポイントはおへその上のあたりを意識することです。おへその上のあたりを意識することでおなか全体がへこみ、効果が高まります。

肋骨の下の部分が大きくへこむような状態を作るのがベストです。このお腹をへこませる運動をドローインと呼びます。

 

腹直筋はひねりを加えて鍛えると効果的


腹直筋を鍛えるには、ツイストクランチと呼ばれる、腹筋運動にひねりを加えたエクササイズが一般的ですが、これは結構キツイです。

今回はもう少し簡単な方法をご紹介します。

1. まず足を腰幅に開き、つま先を外側に向けて立ちます。両腕は肩まで上げて大きく開きます。

2. 次に、左足を右斜め後ろ、左足にクロスさせるように大きく引きます。腕の高さはキープしたまま、上体を右側にひねります。この時、おへそは正面を向いたままにしてください。2~3秒キープしたら上体と足を元の姿勢にに戻して、今度は右足を左斜め後ろに引きます。両腕はそのままキープしておいてくださいね。

3. 次に上体を左向きにひねります。おへそは正面にむけたまま、また2~3秒キープして元に戻します。

1.から3.の動作を8~10回繰り返しましょう。

ポイントは、脇腹が伸びたり縮んだりするのをしっかり意識すること。おへそや下半身は正面に向けたまま動かないように注意することです。

ドローインを行いながらこのエクササイズをすると、さらに効果的です。

とても簡単なエクササイズなので、物足りない方はツイストクランチなどを試してみてくださいね。

 

 

骨盤を正しい位置にキープすること


美しいくびれを作るためには、骨盤も非常に重要です。ウエストラインを支えているのは骨盤ですから、骨盤を正しい位置にキープしないと、正しく筋肉が鍛えられず、くびれができないのです。

まず、両足を肩幅に開き、両手を腰に当てて骨盤の状態を確認します。背筋を伸ばしたままゆっくりとひざを曲げ、お尻を後ろに落としてみましょう。

次に、下腹部に力を入れへこませながら、ゆっくり膝を伸ばして姿勢を元に戻します。
そうすると、自然と骨盤が立ってきます。足の裏全体に均一に体重が乗っているような感じがすれば 、骨盤が正し位置にある証拠です。

ウォーキングなどの有酸素運動を行う際にも、この正しい骨盤の位置をキープしながら行うことで、脂肪燃焼と同時にくびれも手に入れることができ、美しく痩せられるのです。

また、ここでもドローインを併せて行うことで、より高い効果が期待できます。

 

冷たい食べ物や飲み物で体を冷やさないこと


これからの季節、アイスや冷たい飲み物などが欲しくなったり、冷房に当たる時間が長くなったりしますが、冷たい食べ物や飲み物、冷房などで体が冷えると、代謝が低下して太りやすく、痩せにくくなります。

また、特に冷たい食べ物は、冷えたお腹を守ろうと脂肪が付きやすくなってしまい、せっかくエクササイズをしても無駄になってしまいます。

出来るだけ常温や暖かい飲み物を摂ることや、冷房などで体が冷えすぎないように心がけましょう。

 

今日のまとめ

くびれのある身体で彼氏を喜ばせたい!夏までに10kg痩せられる?

いかがでしたか。ウエストラインは体の中でも効果が表れやすい部位です。ウエスト部分を意識しながら日常生活の中でもドローインや正しい骨盤の位置をキープすることで、効果が実感できると思います。

ただ体重を落とすだけでなく、腰のくびれを意識して女性らしい綺麗な体を作りましょう。だって、パーフェクトボディを手に入れられたら、今年の夏は今までとは違った楽しさを味わえるはずだから。

目指せ、パーフェクトボディ!!(文:ルル)

・まずはくびれの仕組みを知ろう
・お腹まわりを引き締めてくれる腹横筋を鍛えよう
・腹直筋はひねりを加えて鍛えると効果的
・骨盤を正しい位置にキープすること
・冷たい食べ物や飲み物で体を冷やさないこと