”続” 肝臓に優しい生活

    
”続” 肝臓に優しい生活

”続” 肝臓に優しい生活
「肝臓に優しい生活」の続きです。あの猛毒の物質『界面活性剤』はいったいどこに使われているのでしょうか。調べました。ありました、身近なところに。

11話目の記事: 肝臓に優しい生活【11話目】

スポンサーリンク

”続” 肝臓に優しい生活

 

 

界面活性剤が含まれているモノ


洗濯用洗剤

台所の洗剤

シャンプー

リンス

ボディソープ

石鹸

乳液

化粧水

口紅

・・・

まだ、ありますよ、きっと。

コレって日常生活には欠かせないモノばかりじゃないですか。そうなんです。だけど、

脂ぎっているオヤジの皮脂や汗とフケだらけの頭皮を
油まみれになった作業服を
泥だらけの衣服を
潤いの減った肌を
ファンデーションがこびりついた肌を

綺麗にしてくれるのはコレのおかげですよ。

すごい!界面活性剤ってば(^-^)/ と言いたいのですが、落ち着いて考えてください。

あなたの肌が水をはじくのはなぜですか?

お風呂に入っても肌が水分を吸い込んで、ぶよぶよにならないのはなぜですか?これは皮膚にある脂、皮脂膜が水の浸入を防いでいてくれているからです。

もしも、皮脂膜が無かったら、そのピチピチの肌は水をはじかなくなります。お風呂に入ったら、ブヨブヨになります。

そうです、脂さん達が私達の皮膚を守ってくれているのです。

ん?

なんとなく、分かってきましたか?思い出してくださいね。

界面活性剤は何をするものでしたっけ?


そうです、脂と水の両方を落とすんでしたよね。

つまり、界面活性剤は私達の大切なパートナーである皮脂膜さん達をたたきのめして、我々の体内に容赦なく侵入してくるのです。

そこで、次に問題となるのが、界面活性剤でバリアを壊された我々の身体に侵入してくる猛毒第二弾です。

これはシャンプーやリンス、そして石鹸などに含まれている化学薬品達です。

主な成分

安息香酸:殺菌作用があります。

エデト塩酸:カルシウムを奪います。

パラベン(防腐剤):肝臓に大ダメージを与えます。

 

このシャンプー、すっごいの。頭皮がツルツル、って喜んでいる場合じゃございません。

この生活を毎日続けているとどうなりますか?

スポンサーリンク

アトピー、花粉症、喘息など、アレルギーと言われている文明病を引き起こします。もちろん、便秘がいつまでも治らない事にも大きく関係しています。だって、肝臓を傷めているから。

じゃ、界面活性剤を使わないで生活できるのか?と言われたら、正直、難しいです。

 

洗剤等を使わない生活・・・難しいですね。しかし、まだ、あきらめてはいけません。

次回(13話目)は、「界面活性剤とお付き合いする方法」というタイトルでこの界面活性剤との付き合い方についてお話します。

 

今日のまとめ

”続” 肝臓に優しい生活

・ 界面活性剤が含まれているモノ
・ 界面活性剤は何をするものでしたっけ?

次回(13話目)は、界面活性剤とお付き合いする方法についてお話しします。

13話目を読んで本気で便秘を治す
界面活性剤とお付き合いする方法【13話目】

11話目に戻って読み返してみる
肝臓に優しい生活【11話目】

10話目に戻って読み返してみる
食べ過ぎの現代人【10話目】

9話目に戻って読み返してみる
忙しいオトナ女子におすすめの夜の食事【9話目】

8話目に戻って読み返してみる
成長ホルモンを無駄遣いすると便秘になりやすい!?【8話目】

7話目に戻って読み返してみる
安全神話の秘密【7話目】

6話目に戻って読み返してみる
水道水の安全神話【6話目】

5話目に戻って読み返してみる
便秘のためだけじゃない!身体に効く水の飲み方【5話目】

4話目に戻って読み返してみる
便秘がちな運動不足の現代人に一日に三食も必要なの?【4話目】

3話目に戻って読み返してみる
便秘を解消できる?五臓六腑に愛情を注いで内臓を鍛える方法【3話目】

2話目に戻って読み返してみる
便秘になったら胃腸科へ行けばいいの?胃腸科の豆知識【2話目】

1話目に戻って読み返してみる
便秘で浣腸なんて恥ずかしい!でも何科に行けばいいの?【1話目】

 

美しくなって幸せに暮す唯一の方法

今すぐ、こっそり受け取ってください。
あなたはツイてる(^_-)-☆

界面活性剤に頼りたくない!だったら、腸内環境を整えて体質改善を・・・

綺麗なオトナ女子になるプログラム。

便秘、肌荒れ、ほうれい線、女性特有の悩みもスッキリする「エンザイムで若返る方法」を始めてみませんか?
※ブログじゃ言えない・・・実体験を包み隠さず暴露中。最新の幹細胞コスメ情報もお届けしています。

 

スポンサーリンク 当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。